パソコンテクノロジーを利用した会議

日本は会議の回数が多くて、またひとつひとつの時間が長いと指摘されています。参加しても内容によっては参加してなくてもいい内容であったり、本人が重要な位置を占めている会議にも関わらず、何も発言することなく自分の考えを伝えることをしない人もいたりと非常に効率が悪くなっています。

また一同顔をあわせておこなっているので、ちゃんと聞いているスタイルを見せなければならなかったりと形式的なことが多いです。



その結果として会議のために仕事が進まない日々が続き残業になったりすることもあります。



そのため最近ではその内容によっては、顔を突き合わせることなく意見があれば発言する形の方が気張らずに参加する方も気楽になり、結果としていい意見が出ることもあります。

その方法として自分の席に居ながらパソコンテノロジーを利用して会議に出席することもできます。

実際にその場所に出席している訳ではないので何をしていても他の参加者はわからないです。

自分の仕事を進めながら、会議に出席して意見があるときに述べることで参加する方が気楽です。


パソコンに他の出席者の状況が映し出されてまた自分の画像もパソコンの映像取り込みの機能を使って他の参加者も見ることができて、また音声取り込み機能で自分の意見を他の人に主張できます。



それらの画像を他のパソコンに映し出して、また他のパソコンで画像に映らないように仕事をすれば仕事を並行におこなうことができます。





Copyright (C) 2014 パソコンテクノロジーを利用した会議 All Rights Reserved.